\愛馬優勝/

一口馬主のメモ用に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰です

しばらく放置してしまっていたこのブログ。
一口馬主的に辛いことが連発して起こって、
書く気を失っていたわけですが。

後から振り返ることを考えると、
辛い時の事こそ書いとくべきなんだろうなぁ、
とは思うんだけどね。

なお、辛いことって言うのは、
【1】エヴリシーズンくん、未勝利卒業できず。
   500万下での続戦に希望も、骨折で登録抹消。お別れ。
【2】ラディーアちゃん、デビュー直前で故障。放牧へ。
【3】1歳馬募集、先行申し込み全滅。
こんな感じで。

一番つらかったのは、やっぱりエヴリくんの件。
ラストチャンスの未勝利戦で力を見せたものの3着。
そこから500万条件への格上げ挑戦表明するも、
直後に骨折発覚で登録抹消。
すごく、残念でした。
頑張って徐々に力つけてきてた子だったし、
血統的にも古馬になってから、と思ってたし。。。

ラディーアちゃんの件は、まぁ、ちょっとだけね。
デビュー日が決まってたから、流れたのは残念だったけど、
怪我自体は軽そうだし、引き続き期待してようと思います。

1歳馬のは、まぁ、仕方ない。
いや、「仕方ない」と今では言えますが、
結果が出た直後は、他クラブへの移籍も含めて結構悩みました。
ちょこちょこ買ってる身としては、実績優先制度が続く限り、
欲しい馬が買えない可能性が高い状態が来年以降も続くのかと。
そんなことを悩んでもみたのですが、
他のクラブを見てみても、隣の芝生が~なだけなんだろうし、
それより何より、
先行で満口にならなかったシルクの子たちにも、
魅力的な子がたくさんいるわけだし。

と、いうことで、
今年も何頭か出資することにしました。
まだ確定してるわけではないので、
出資できることになったらここに書こうと思います。

そして、
11月はチームやすたろうから2頭出走予定。
巨漢アドミッションくんが17日の京都新馬でデビュー予定。
グロリアストレイルくんも今月中には復帰とのこと。

なんとか、チームやすたろう、今年の初勝利を!!
スポンサーサイト

阪神競馬場

この週末、阪神競馬場に行ってきました。

阪神に行くのは10年ぶりくらい?だったのですが、
まさかの台風直撃で、2日間観戦の予定が1日に(涙)

まぁ、こればっかりは仕方ないですね。
無事に帰ってこれただけでもヨシとしましょう!!

未完の大砲に見た夢

野球の話です。
スイマセン。

今日は横須賀スタジアムにベイスターズのファームの試合を見に行って来ました。
今日は、っていうか、今季ファームの試合を見に行くのは16試合目。
一軍の試合はここまで12試合、なのでファームの方が多く見に行ってるんですよね。
年間パス買ってるってのもあるけど、あの球場の雰囲気が大好きなので。
また、若い選手のプレーを見て、夢を見るのもいいもんです。

普段はぼんやり野球を見て、ぼんやりビールを飲んでるだけなのですが、
今日はすごく嬉しいことがあったので、書き留めておこうと思います。
愛馬のことしか書かないって決めたこのブログなんですが、まぁ、いいでしょう。
うん。

今日の試合、ベイは1,2回で5点取られて、序盤から追いかける展開。
しかし、じわじわと反撃をし、8回終了時点で6対5と1点差まで迫ります。
そして9回裏の攻撃、簡単に2アウトになってしまい、打席には代打高森勇旗。

高森勇旗。
前置きが長くなってしまいましたが、今日はこの選手について書きたかったのです。

楽天の田中や日ハムの斎藤と同世代の24歳。
高卒で入団してるので6年目ですね。
一軍では6年間通算で出場2試合で4打数1安打。
まぁ、全国的にメジャーな選手ではないです。

僕が彼に惹かれたのは彼が入団2,3年目ごろだったかしら、
入団当初は捕手登録だった高森が一塁手で試合に出るようになり、
力強い打撃を武器にシーレックスでスタメンで出るようになった頃でしたかね。
(あ、シーレックスってのは当時のベイの二軍のチーム名です。以下シーレ)
シーレの試合を見に行くたびに強烈なバッティングを見せてくれて、
「こんなすごい若手が出てきたのか!」と胸をときめかせてくれてたんですが。
決定的に惚れ込んだのは2009年5月9日の海老名球場での試合でした。
(日にちまでバッチリなのはデジカメのデータを確認したからさ)

試合展開はほとんど覚えてないんですが、
この日見た高森のホームランは今でもはっきり覚えてます。
この日はライトスタンド(ただの芝生席)でのんびり観戦してたんだけど、
そんな俺の頭上を超えて、高森の打球は場外へ。見事な場外ホームラン。
海老名球場って外野席の奥に高速道路が通ってるんですよ。
この高速道路が当時はまだ工事中で、球場と工事現場の間にフェンスが無かったんですよね。
高森の打球は俺の頭上を遙かに超えて、高速道路の工事現場にドーン!
地方球場とはいえ、あんな場外ホームランを見たのは最初で最後です。
それ以来、僕は打者高森勇気の、彼の打撃の虜になりました。
(大好きだった選手がトレードで出された直後ってのもあったのかもだけどw)

ちょっと話それるけど、
あの球場、今は外野席の奥にフェンスついてるんだろうか・・・
あれ以来行ってないからわからないんだけど、今は高速が使われてるはずだから、
もしあの時と同じくらいのホームランが出たら大惨事になりかねんよな。。。
誰か知ってたら教えて。

そんなこんなで、高森はシーレで主軸として大活躍し、
また、明るいキャラクターで他の選手のモノマネが得意だったり、
シーレでは大人気の選手になっていました。
僕も見に行くたびに楽しませてくれる高森に夢を見て、
将来は当時一軍で主軸を打っていた村田・内川・吉村らと一緒に、
ベイスターズを引っ張っていってくれるような打者になってくれると信じきっていました。

結局この年はイースタンで打率.309 本塁打15 打点56でチーム三冠王になり、
シーズン終盤には一軍でもプロ初ヒットを記録し、
翌年以降の活躍は約束されたと思っていました。

しかし、その翌年は開幕からまさかのスランプに。
ポジション・守備位置の被るスーパールーキー筒香にスタメンを譲ることが多くなり、
気づいたら代打やDHでの出場が多くなっていました。
その翌年、まぁ去年だ、も調子は上がらず。
シーズンオフの契約更改の席では悲壮感にあふれたコメントが。
登録名も「勇気」から「勇旗」へ。色んな思いがあったのだろう・・・

昨秋、奄美大島に秋のキャンプを見に行った際のこと。
グラウンドの隅でコーチとマンツーマンでトスバッティングをしながらも、
なかなか思うようなバッティングをできないのか、真っ青な顔をしながら、
それでも必死にバットを振り続ける彼の姿が今でも強く印象に残っています。

今年ファームのスタメンで出ることはほとんどなくなり、
同じ日に独立リーグとの練習試合が組まれる際などはそちらに回ることも。
成績も上がらず、7日時点で打率.175・・・
自分が見ている試合ではプレーする姿をなかなか見れず、
(ベンチにいる姿とか、キャッチボールをするところは見てたけどさ)
正直、1ファンとしては何とも言いいたくないような状況になっていました。

で、今日の話に戻ります。
9回裏、1点ビハインドで2死走者なし。代打に送られたのは高森勇旗。
スカスタのファンに愛されていることを改めて感じるような歓声に送られ打席に。

何球目だったか、忘れたけども、
強く振りぬいた打球は、ライトスタンド奥のフェンスに突き刺さる大きなホームラン。
9回裏2死から、起死回生の同点ホームラン。

思わず叫んだ。嬉しかった。すごく嬉しかった。
いつも高森を応援してる常連のお兄さんも、めちゃくちゃ喜んでた。
もちろん高森も、チームメイトも、すごく喜んでた、と思う。
興奮して、あんまり覚えていないんだ。。。

結果的に延長戦に入り、ベイスターズが勝利を収めたことを思うと、
あそこでの高森のホームランはまさに値千金です。

このホームランをきっかけに、
高森が4年前の輝きを取り戻してくれることを、切に願います。
がんばれ、高森勇旗。


なお、この日記のタイトルは、「何の」とは書かないけど、オマージュです。
あえて過去形にしたのは、あのころ高森勇気に見ていた夢と、
今、高森勇旗に見てる夢が違うから。
同じ選手に、当時とは違う、新しい夢を見ています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。